TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
The Beach Boys ~ 番外編 ~
今回のビーチボーイズ日本公演のもうひとつのたのしみは

ゲストバンドの アメリカ でした

1972年のヒット〝ヴェンチュラ・ハイウェイ〟や

〝金色の髪の少女〟など たっぷり15曲程の

すばらしいステージでした

普通このバンドだけでも充分観る価値ありなのに

ゲストという事で超ラッキーでした





また彼らは前回のブログで登場したバンド ママス&パパス 

の1965年のヒット曲〝夢のカリフォルニア〟

をカバーしていて今回演奏してくれました〜

ちなみにこの曲はビーチボーイズもカバーしてます







また ママス&パパスのジョン・フィリップスの

別の娘とビーチボーイズのブライアン・ウィルソンの

娘2人の計3人で ウィルソン・フィリップス 

という女性コーラスグループをやっています

全米NO.1の〝ホールド・オン〟など

ヒット曲を何曲もだしていて有名ですネ

しかし、いろんな縁やつながりがあるんですねェ~






そして今回とても驚いたことがあるのですが、

それは

ママス&パパスのジョン・フィリップスの書いた

1967年のヒット〝花のサンフランシスコ〟を

歌った スコット・マッケンジーさんが

ちょうどこの名古屋公演の日(のアメリカ時間)に

お亡くなりになられたのです

彼もまたビーチボーイズの〝ココモ〟の共作者のひとりで

名古屋公演が終わった後に訃報を知ってびっくり........

うーん....なんか複雑な思いです


〝花のサンフランシスコ〟といえば1967年、

サンフランシスコ郊外で開催された伝説の

野外ロック・フェスティバル

「モンタレー・ポップ・フェスティバル」の

テーマソング的な曲でヒッピー・カルチャーや

フラワー・ムーブメントを象徴するような

とても好きな曲でした 

スコット・マッケンジーさんのご冥福をお祈り致します










[2012/09/25 03:52] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<メリー・クリスマス ...そして本年も | ホーム | The Beach Boys と アメリカン グラフィティ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cokies.blog.fc2.com/tb.php/27-678104d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。